システム概要

■設備共同利用推進総合システム運営組織 設備共同利用推進室について

 
平成23年度に全学的な設備マネジメントを担う「設備サポートセンター」整備事業経費が金沢大学にも措置され(平成25年度までの3年間)、全学の設備共同利用推進の運営主体として学際科学実験センターに「設備共同利用推進室」を設置しました。平成26年度に、「金沢大学先端科学・イノベーション推進機構設備共同利用推進委員会細則」を制定し、「設備共同利用推進室」を全学的なマネジメント組織てある先端科学・イノベーション推進機構(2019年2月より先端科学・社会共創推進機構に名称変更)に移行し、研究担当の学長補佐を室長に据えて大学の経営・研究戦略に基づいた研究設備共用化を統括する組織として機能しています。

 

■沿革および活動記録

平成23年度
  • 「設備サポートセンター」整備事業に採択
  • 設備共同利用推進室および設備共同利用推進委員会を設置
  • 金沢大学設備共同利用推進委員会規程を施行
  • 金沢大学学際科学実験センター規程を改定
  • 金沢大学学際科学実験センター設備共同利用推進室細則を施行
  • 東京農工大学学術研究支援総合センター設備サポート室来訪
  • 名古屋工業大学大型設備基盤センター設備サポート推進室来訪
平成24年度
  • 設備共同利用推進総合システムを開発
平成25年度
  • 北海道大学創成研究機構共用機器管理センター来訪
  • 鳥取大学生命機能研究支援センター来訪
  • 豊橋技術科学大学研究推進アドミニストレーションセンター来訪
平成26年度
  • 先端科学・イノベーション推進機構に所属変更
  • 第1-7回設備共同利用推進委員会を開催
平成27年度
  • 東北大学テクニカルサポートセンター来訪
  • 第8-9回設備共同利用推進委員会を開催
平成28年度
  • 第10-12回設備共同利用推進委員会を開催

平成29年度

  • 「先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)」に採択
  • 研究機器の共同利用実行ユニット「物質情報解析推進ユニット(角間キャンパス)」、「ライフサイエンス解析推進ユニット(宝町・鶴間キャンパス)」を設置
  • 「設備共同利用推進総合システム」をリニューアル
  • 設備共同利用料金算定要領の適用
  • 第13-16回設備共同利用推進委員会を開催
  • (JST)先端研究基盤共用促進事業(新共用事業)連絡協議会キックオフミーティングに参加
  • 第4回(東京農工大学)設備サポート整備事業シンポジウムに参加
平成30年度
  • 第17-20回設備共同利用推進委員会を開催
  • 第1回(熊本大学)、第2回(高知大学)先端研究基盤共用促進事業(新共用事業)採択校連絡協議会に参加
  • 第5回(岡山大学)設備サポート整備事業シンポジウムに参加

 

■設備共同利用推進総合システムの構築

設備共同利用推進室では全学の共同利用を実施するための予約利用システム「設備共同利用推進総合システム」を導入し、全学に配置されている約200の機器の登録を行い、学内外での共同利用を行ってきました。平成29年度に先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)の採択を受け、登録機器の見直しと共に、設備共同利用推進総合システムをリニューアルし、オンラインでの機器の予約・利用実績登録・精算まで可能なシステムへ再構築しました。

 

■設備共同利用推進総合システムの概要


TOP